建設・住宅業界で活用できる
AR・VR・MR・AI

CONSTRUCTION / BUILDING / HOUSING

BUSINESS

業界の課題
建設業界は2020に向けて好調。既存住宅のメンテナンス・リフォーム需要が拡大。
一方、労働人材が不足。また熟練技術者も不足。
外国人労働者の活用や、少ない人数で品質を落とさずに進める必要が労働者の安全確保は必須課題。

加速する建設現場のデジタル化

国土交通省はi-Constructionを推進

“国土交通省では、「ICTの全面的な活用(ICT土工)」等の施策を建設現場に導入することによって、建設生産システム全体の生産性向上を図り、もって魅力ある建設現場を目指す取組であるi-Construction(アイ・コンストラクション)を進めています。”
(i-Construction - 国土交通省HPより)

建設・建築情報のデジタル化

現在、建築業界では、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)、土木では CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)の推進が進み、建設・建築情報のデジタル化が加速しています。生産性の向上と品質向上が期待されています。

iPadなどのデジタルデバイスの導入

従来の業務では、現場管理者は、デジカメや測量機器、図面といった多数の道具を持ち歩く必要がありましたが、近年では、iPadなどのタブレットを導入することで、各種データの参照、写真撮影、情報共有といったことを一つの機器で実現することが可能になりました。

AR/VR/MRは建設業界の改善に有効な切り札

現地での情報に、デジタル情報を合成するAR/MR技術により、作業者や現場管理者はより直感的に現場業務を進める事が可能になります。BIM/CIMの情報と組み合わせる事で、さらなる活用が見込まれます。
またVRを作業者の教育・訓練に使う事で、作業者の安全を守り、品質の向上を推進することが可能になります。

AR・VR・MR・AIを使った
建築・住宅向けの活用プラン

  • 完成後の建物のCGを現実の土地の画像の上に重ねて表示

    建築物CG合成
    シミュレーション

    スマホやタブレットとAR技術使って、
    現地に建築予定CGをリアルタイムに合成表示。

    ゼネコン建設会社ハウスメーカー建築事務所工務店土木

    詳細を見る

  • 工事現場での写真やメモ情報をARを使って可視化

    施工・工事点検記録
    ソリューション

    工事現場などの作業ポイントにデジタルの付箋タグを貼り付け。
    施工中の写真や指示メモを記録し、作業者間で共有。

    ゼネコン建築会社ハウスメーカー工務店工事業者ガス会社水道局不動産会社

    詳細を見る

下記、業種、分野の方にご利用いただけます

ゼネコン建築会社サブコンハウスメーカー設計事務所工務店デベロッパー不動産