AR・VR・MR用語集

GLOSSARY

  • AR

    Augmented Reality(拡張現実)の略。
    現実世界からの情報を元に、デジタル情報を重ね合わせ、視覚的に現実を拡張した表現可能にします。画像や周辺の空間を認識し、現実の映像とデジタル情報を合成した映像を、リアルタイムにディスプレイ上に表示します。広告・プロモーションでの利用から広がり、近年では産業分野での利用が拡大しています。

  • ARCore

    ARCoreは、Googleが提供する開発者向けのARフレームワークです。このフレームワークを使用したARアプリは、深度センサーなどの追加ハードウェアを必要とせず、一般的なAndroidデバイスで、モーショントラッキングや水平面、垂直面の検出などのARに必要な機能を実現します。現在は限られた端末でのみ利用可能ですが、将来的には全世界で1億を超えるAndroidデバイスに対応予定です。最新Verでは、iOSにも対応し、OSを超えて複数の端末で同時に体験する事を可能としたARクラウドも実現可能になります。

  • ARKit

    ARKitは、Appleが提供する開発者向けのARフレームワークです。このフレームワークを使用したARアプリは、ARCore同様に特別なハードウェアを必要とせず、iOS11以降のiPhoneやiPadで利用が可能です。iOS端末に最適化された空間認識機能により、水平面だけでなく垂直面を認識、キャラクターのCGを配置したり、部屋の長さを計ったりすることができます。

  • ARToolKit

    ARToolKitは、世界初のAR技術として誕生以来、世界中で支持されているAR開発ライブラリです。Android、iOS、Windows、Mac、Unityなど数多くのプラットフォームに対応、現在ではオープンソース*化され、無償で幅広く利用可能です。ARマーカー、マーカーレスいずれにも対応し、現在ではブラウザで動作するWebARとして移植されるなど、独自に進化し続けています。エム・ソフトは、ARToolKitの商用ライセンス販売を経て、豊富な開発実績とノウハウを生かし、現在もARToolKitを使ったARアプリの開発のサポートを行っています。

  • ARクラウド

    現実世界に紐づいたAR空間のデータをクラウドを経由して、自分以外の他者と共有する事です。例えば、誰かが空間にデジタルのメモやオブジェクトを残し、別の誰かが、その場所でスマホのカメラを向けると、残されたデジタル情報が表示されるといった事が可能になります。

  • ARマーカー

    マーカー型ARとは、コンテンツ(静止画・動画・3DCGなど)を表示するきっかけとして、QRコードに似た四角い矩形をターゲットとするAR技術です。アプリがカメラで矩形を捉えると、その矩形の上や横など指定した場所にコンテンツを表示する事が出来ます。カメラからマーカーまで多少距離があっても、矩形を捉える事さえ出来ればコンテンツを表示する事が可能になるため、業務目的のARなどに利用されています。

  • HoloLens(ホロレンズ)

    MRに最適なツールとして有名なMicrosoftのHoloLens(ホロレンズ)。HoloLens(ホロレンズ)とは、2016年に米国Microsoftが開発したシースルー(透過)型と呼ばれるヘッドマウントディスプレイ(HMD)です。HoloLens等を使った現実世界をベースとするMRの世界では、今までのVRでは難しかった歩き回ると言った動作もMRでは実現可能になります。

  • MR

    Mixed Reality(複合現実)の略。
    ARとVRを組み合わせたような技術であり、現実世界の仮想世界の座標空間を精緻に重ね合わせる事で、現実世界と仮想世界を同時に体験可能にします。MicrosoftのHoloLensなどのシースルー型と呼ばれるヘッドマウントディスプレイ(HMD)や、カメラ付きのVRヘッドセットなどを装着することで実現します。VRでは難しい歩き回るといった動作も、現実世界をベースにするMRでは実現可能になります。

  • Unity

    Unityとは、ユニティ・テクノロジーズ社が提供する、アプリ開発プラットフォームです。ゲーム開発用がメインでしたが、現在ではARアプリやVRアプリ含め、ゲーム以外のスマホアプリ開発にも広く使われています。また、Unityで開発したアプリは、Windows、Mac、Linuxなどのデスクトップや、iOS、Androidなど多くの環境で実行可能となります。他にも、Asset Storeと呼ばれるマーケットが用意されており、有料や無料の3DCG素材やプラグインなどを、手軽に利用することができます。また自分で作ったものを販売する事も可能です。

  • VR

    Virtual Reality(仮想現実)の略。
    コンピュータが作り出した空間や世界を体感できる技術。主にヘッドセット、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)、VRゴーグルと呼ばれるデバイスを装着することで、仮想空間に入り込んだような体験を可能にします。ゲーム・エンタメでの利用が多かったが、教育訓練にも大きな効果があり、ビジネスでの活用も広がっています。

  • Word Lens

    「Word Lens」機能とは、 iPhone、Androidの[Google翻訳]アプリに搭載されている機能のことで、カメラで写した文字の映像をその場でリアルタイムに翻訳することができます。カメラを通すといっても写真を「撮影」する必要はなく、街角の看板や本、パソコンのモニターなどにカメラを向けるだけで、その中の文字を翻訳することができます。

  • XR

    X Reality、またはExtended Realityの略。AR、VR、MRなどの先端テクノロジーの総称。その他にもSR(Substitutional Reality)などの様々な技術が実用化される中で、個別の定義にこだわらず「新たな現実」を確立するテクノロジー全般を指す用語として利用されています。

  • ウェアラブルデバイス

    腕や頭部など、身体に装着して利用することが想定された端末の総称。時計型やリストバンド型、メガネ型やクリップ型、ヘッドマウントディスプレイ型やストラップ型など様々な形態のものがあります。また、単体で動作するタイプのものや、PC・スマホと接続して使う事を前提としているタイプまで複数あります。また、価格も数千円のものから数十万円のものまで様々あります。

  • エアタグ

    GPSを使って取得した緯度経度情報と電子コンパス、ジャイロセンサーを利用し、スマホのカメラ画面上に表示される吹き出し風のデジタルタグです。空間に浮くタグのイメージからエアタグと呼ばれ、主にロケーションベースのARで利用されます。観光ガイドや防災アプリなどに活用でき、土地勘のない旅行者や訪日外国人にも、対象スポットの方向と距離を分かりやすく表現することを可能にします。

  • ビジョンベースAR

    カメラから取得した画像認識、空間認識に関する技術を利用して目の前の環境を解析し、デジタル情報を付加する方式のARです。出版・印刷物や、商品パッケージ画像を活用した商品プロモーション活用などに多く使われています。認識率の高いARマーカーや、デザイン性の高い自然画タイプ(マーカーレス)などがあります。画像の特徴点抽出により、必要な位置に正確に付加情報を提示できますが、撮影の距離が遠かったり、視認性が落ちる暗所等では動作が不安定になりやすくなります。

  • マーカーレス

    ARマーカーの代わりに写真等の画像(自然画)をターゲットにしたARです。画像内の特徴点を抽出して画像認識をします。ARマーカーと違い、デザインの自由度が高くなるため、商品のパッケージなどをターゲット画像にした販促・プロモーション用のARなどに広く使われています。ただし、画像の特徴量や画像とカメラの距離によって認識精度に影響します。

  • ロケーションベースAR

    GPSや電子コンパス、加速度センサー等を利用し自己位置を特定し、周辺の情報を、スマホ画面上にデジタル情報として合成表示する方式のARです。ナビゲーションサービスや観光情報サービスで活用されることが多いです。屋外での利用が容易に出来る反面、GPSの精度に依存するため、屋内や正確な位置表示が難しい面があります。