VR(仮想現実)とは

VR

KNOWLEDGE

VRとは

Virtual Realityの略
コンピュータが作り出した空間や世界を体感でできる技術。主にヘッドセット、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)、VRゴーグルと呼ばれるデバイスを装着することで、仮想空間に入り込んだような体験を可能にします。ゲーム・エンタメで普及してきましたが、教育訓練にも大きな効果があり、近年ではビジネスでの活用も広がっています。

VRには2つのタイプがあります

  • 1 CGタイプ

    CGで作られた仮想世界に入り込むタイプです。ファンタジーやSFの世界など非現実的なゲーム空間や、実世界同様のCGを作りこむことで、現実に近い仮想世界に入り込むことも可能です。立体感を感じ、CGオブジェクトに回り込むことができます。

  • 2 映像タイプ(360度動画)

    360度カメラと呼ばれる全方位を同時に撮影するカメラで撮った映像を、自由視点で再生することができます。CGと違い、実際の人物や風景をそのまま体験することが可能です。CGと違いコンテンツの制作コストを抑えることができます。

VRデバイスのタイプ

  • スタンドアローン型VRゴーグル
    IDEALENS(株式会社VR JAPAN)

  • スタンドアローン型VRゴーグル
    Oculus Go(Oculus VR社)

PCなどに依存せずVRゴーグル単体で動作します。
PC不要のため、VRを体験する場所の自由度が上がります。コストも下がり、導入のハードルが下がります。

PC接続型VRゴーグル
VIVE (HTC社)

高性能のPCと接続する事でハイクオリティのVR体験が可能になります。

スマホ利用型
簡易VRゴーグル

紙や段ボールにレンズの付いた簡易型のVRゴーグルにスマートフォンをセットして利用します。手軽で安価にVRを体験することが可能です。

VRを使った活用事例を見る