MR(Mixed Reality)とは

MR

KNOWLEDGE

MR(複合現実)とは

Mixed Reality(複合現実)の略。ARとVRを組み合わせたような技術であり、現実世界と仮想世界の座標空間を精緻に重ね合わせる事で、現実世界と仮想世界を同時に体験可能にします。Microsoft社のHoloLensなどのシースルー型と呼ばれるヘッドマウントディスプレイ(HMD)や、カメラ付きのVRヘッドセットなどを装着することで実現します。VRでは難しい歩き回るといった動作も、現実世界をベースにするMRでは実現可能になります。

MRを実現するデバイス

Hololens

HoloLens(ホロレンズ)とは

MRに最適なツールとして米国マイクロソフト社が開発したシースルー(透過)型と呼ばれるヘッドマウントディスプレイ(HMD)です。HoloLens等を使った現実世界をベースとするMRの世界では、今までのVRでは難しかった歩き回ると言った動作も実現可能になります。より視界が広く、軽量化されたHoloLens2が2019年末に公開され、ビジネス領域でのMR利用の原動力になっています。

エム・ソフトは、「Microsoft Mixed Reality パートナープログラムの認定パートナー」に認定されています。

Magic Leap 1

引用:Magic Leap

Magic Leap 1(マジックリープワン)とは

米国Magic Leap社が開発したMRヘッドセットです。複数のセンサーとシースルー型のヘッドセットにより、高度なMR体験を可能にしています。また演算部とバッテリー、コントローラユニットをヘッドセットから分離することで、ヘッドセットの軽量化を実現しています。
日本では、NTTドコモが5Gと組み合わせたMRコンテンツの普及を目指し展開中。

HoloLens 2 の基本情報

発売日

2019年11月7日

HoloLens 2 を購入できる場所

マイクロソフト オンラインストア 法人窓口
認定リセラー(日本ビジネスシステムズ、大塚商会)

HoloLens 2 の価格

デバイス単体  3500米国ドル

  • ・HoloLens 2 with Dynamics 365 Remote Assist

     月あたりユーザごとに125ドル

  • ・HoloLens 2 Development Edition

     3500米国ドル
     または、月あたり 99 米国ドルから

詳細:マイクロソフトストア

HoloLens 2 の7つの特長

01

複数のセンサーによる高精度のトラッキング

環境認識用の4つのカメラをはじめ、深度センサー、慣性計測ユニット(IMU)など複数のセンサーを搭載。そのため、周辺環境を高精度かつリアルタイムに検出すると同時に、ユーザの頭の位置や向きなども検出し、高度なトラッキングを実現しています。

02

シースルーで、見ているものにデジタルCGを合成表示

HoloLensの最大の特長で、視界を覆う事なく、目視しているリアルな景色にそのままCGやデジタル情報が合成表示されます。これにより、VRでは難しかった移動しながらの体験が可能になります。

03

単体で動作し、ハンズフリーを実現

HoloLens2は、内部にWindow10を搭載しており、単体で動作します。優先で接続されたコントローラなどもなく、完全にハンズフリーを実現しています。

04

視線入力、ジェスチャーや音声認識にも対応

視線移動によりカーソルを動かす事ができ、ハンドジェスチャーでマウスのクリック操作に近い事ができます。また、音声でも基本メニューを指示することが可能です。これにより、ハンズフリーでの操作が可能になります。

05

開発のしやすさ。Unityにも対応

3DゲームやVRアプリ開発に普及しているUnityを使って開発することが可能です。HoloLensエミュレータも用意されており実機がなくても確認することができます。

06

広い視野角

前機種と比べて2倍の視野角と解像度で、よりリアリティのある映像体験が可能になります。見えている視界に対し、デジタル合成領域が広くなり、使いやすさが向上しました。

07

軽くて使いやすい装着性

前機種よりも軽量化され、また、使わないときはフロント部を跳ね上げできる「フリップアップ機構」を備えるなど、産業分野で利用使いやすい形状に進化


エム・ソフトは、「Microsoft Mixed Reality パートナープログラムの認定パートナー」に認定されています。

HoloLens 2 紹介動画

Microsoft社 HoloLens 2 の製品紹介動画

Holospect 紹介動画(HoloLens2対応版)
MRを使ったハンズフリーの点検業務ソリューション

MRを使った活用事例を見る